『はやま一箱古本市』

img1011c行ってきました、『はやま一箱古本市』

10月11日(日)11:00-16:00
会場:一色会館(森山神社境内)
   入場無料:雨天決行

ダンボール箱一箱を単位として、参加者が個性豊かな書籍などを持ち寄る本好きのための古本市。

会館の中は畳の大広間を開放していて、驚くべき、店番のかたのお連れだと思いますが、わんちゃんまで看板犬としてかしら?座しておりました。

古本はハードカバーや雑誌、文庫本多数出展されていて、出店者の方々の個性がそのまま溢れておりました。出店は、普段はアンティクの雑貨屋さんをしている方や、グラフィックデザイナーの方、葉山ポレポレ日記の方、などなど・・・・。値段は一冊50円~100円、200円が多かったです。なかには、通常で購入するとかなり値のはる本も、格安で出ており、私は雑誌や書籍あわせて5冊ほど、連れて帰ってまいりました。

img1011d2

古本市には、『日日ーhibiー』のFさん&Rさんも出店されていて、店構えもとても素敵で写真を一枚パチリととらせていただきました。日日さんのお店からは、タイポグラフィの本を一冊購入。

こういう素敵なイベントは、これからも続けてほしいなぁ。(by kay)

Posted by kayoko on 10月 11th, 2009 | Filed in わらべ唄 | Comment now »

コメントを書いてください。